涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小屋番という生き方・・・

今日は載せるような出来事が無いので小屋番とは何かと考えてみました。


山小屋の仕事というものは 冬はいったん解雇されるわけですが、
皆さんには経済的にも大変だなとか、冬の仕事どうするなどといわれますが
僕的には、それが逆にすごくいいと考えています。

まずゴールのある仕事というのはすごく達成感がありメリハリを付けやすい
という事です。
二つ目は冬に4ヶ月間という現代の日本では考えられない長期休暇がある
という事です。解雇されていますが働いてる間は肩書きは会社員ですし・・・

昔の豪雪地帯の百姓がそうであるように、冬は出稼ぎや酒蔵の杜氏など
2つの人生が楽しめます。冬の4ヶ月間世界を旅する事だって可能です。
一度の人生色んな仕事、色々なところにいける小屋番というのは、
ものすごく魅力のある仕事だと思うのです。

下界でやれば、なんて中途半端でいいかげんで、仕事も続けられない
ニート君や、フリーター君になりますが、山が好きでそれに情熱を
燃やしプライドを持って仕事に取り組む小屋番は違うと、僕は考えます。
(そうはいっても一部の登山者にはニート扱いされますが・・・)

昔、半農半士という言葉があったように、半小屋番半?という考え方
すごくすばらしいですよね。
今年もウチの連中は世界を旅したり、新しいスキルや資格をとるため
勉強したり、季節労働者らしく雪のある場所で働いたり、もちろんひきこもりもいますが・・・(なお○です)
それがまた春戻ってくると新しい風がこの涸沢小屋に流れるのです!!
来年の涸沢小屋も乞うご期待ですよ!!

山が好きな方、自分の好きなことをして
食っていきたい方、そして小屋番してみたい方、是非来年 涸沢
に来て見ませんか?
お金持ちにはなる確立は低くなると思いますが・・・・(苦笑い)

さあ今年の冬は何をしようかな?
僕は自分の山を見つけに登りつづけようと思います・・・では
スポンサーサイト
  1. 2007/10/27(土) 17:46:06|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

外は雨・・・

昨日からずっと雨です。雪じゃないだけましですが
外作業が出来なくて困っています。

ですが雨でもする事はたくさんなあるーーーーー!!
CIMG1163.jpg
雪の重みや動きから建物を守るためバリをかいます。
CIMG1165.jpg
1本でも抜けると建物が壊れてしまうのです。
もちろんまだ宿泊のスペースにはバリはかいません。
CIMG1168.jpg
女衆は毎日シーツや枕カバーや毛布の洗濯、干しそして整理に
追われています。ですがそんな忙しい中でも、
合い間を見てお菓子など作ってくれます。ほんとありがとう。
CIMG1169.jpg
『おいしい。』おもわず声に出てしまいました・・・

明日天気になーれ!!
  1. 2007/10/27(土) 16:07:25|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

テント場の大掃除

今日はヒュッテさんと合同で日本最大とも言われる
涸沢のテント場を大掃除しました。
春、夏、秋とテント村が出来ていた涸沢も今は眠りについたように静かです。
しかしどこからともなく来たゴミ達だけは残っているのです。

CIMG1142.jpg
最高の天気の中、ゴミ拾い!!
CIMG1144.jpg
テント場が広いので清掃作業も大変!!
CIMG1145.jpg
こんなゴミが一塊でありました・・・

本当に嬉しい事ですが『年々ゴミが少なくなって来ているね』と
ヒュッテさんとそんなことを話しながらゴミを拾いました・・・
山を綺麗にする。これも小屋番の仕事なのです!!

これからもこの穂高を綺麗に守っていこうと強く思うのでした・・・

おまけ
CIMG1151.jpg
午前のお茶の風景・・・
うちのカワイコちゃん5人組です。
あれ一人変なやつが・・・・もちろんナオ○です。(苦笑)
  1. 2007/10/25(木) 17:31:21|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

本谷橋解体。

今日は本谷橋の解体です。このつり橋、ほとんどの方が
そのまま越冬して雪解けとともに出てくる常設の橋と思ってるみたいですが
毎年外す、仮設の橋なのです・・・

涸沢周辺は日本で最も雪崩の被害が多い場所です。
15~20Mの積雪の重さに耐えたとしても雪崩で破壊されてしまうのです。

IMG_3764.jpg
そんなわけで頑張って解体するぞ!!
作業はもちろんヒュッテさんと合同です。
IMG_3769.jpg
まず手すりを外します。
IMG_3776.jpg
そのあとに橋板や骨組みを外していきます。
IMG_3777.jpg
簡単にいいますがかなりアクロバティック!!
足場はワイヤーのみなので、ハーネスをつけて確保しながら外します。
IMG_3784.jpg
外した材は雪崩に流されないよう大木の根元に整理して
積み上げていきます。もちろんロープで大木と固定します。
IMG_3785.jpg
みんな一生懸命ですが、ナオキはこんな事ばかりしてます。
IMG_3790.jpg
ワイヤーのみになりました。
IMG_3799.jpg
そのあと慎重にワイヤーを外していきます。まるで橋かけ職人!!
IMG_3806.jpg
あっという間に外し終えました。ウソです1日仕事です。
IMG_3808.jpg
これからは上流の仮橋を利用してください。

これから冬に入る穂高・・・・
自然の脅威からいろいろなものを守るため、解体したり、建物を補強したり
雪囲いしたり、これすべて小屋番の仕事なのです。
自然とともに生きる・・・穂高とともに生きる・・・
考えてみればすばらしい仕事ですね。
  1. 2007/10/23(火) 17:56:53|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

今朝のモルゲンロート

夜明け前。。。
テント場には、たくさんのカメラマンが構えています。
山に囲まれたここ涸沢でも、日の出は見れないものの、山が焼ける!のが見れます(天気によってなので、運がよければ・・・)
なので、日が昇るまえのワクワクした気持ちは変わりません。
CIMG4248.jpg

徐々に陽が当たってきました!
今日はだいぶ赤色に焼けましたが、写真ではなかなか伝えるのが難しいです・・・
CIMG4252.jpg

時間が経つとあっという間に、赤からオレンジ、黄色、白…と、光の色が変わっていきます。
CIMG4259.jpg

おまけ・・・
雪化粧の東稜、通称『ゴジラの背』(右下)
CIMG4265.jpg

雪化粧の常念岳と、ナナカマドの赤い実、その隣には、なにやら鳥が群れをなしてとまっています。
私が通ると、一度に飛び立ち、また違う樹にとまり・・・
鳥達も冬仕度なのでしょうか・・・?
CIMG4273.jpg

  1. 2007/10/21(日) 21:02:45|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

昨日からの雪・・・

初雪!
今年は遅い初雪となりました。

『わ~い!わ~い!雪だ~!』
子供のようにはしゃぐスタッフ。。。
CIMG4222.jpg

雪が積もると大変なので、テラスの椅子・テーブルを片付けます。
CIMG4223.jpg

作業終了し、いっぷくタイム。
CIMG4228.jpg

今朝は雪があがり、一面雪景色♪
涸沢でも10cm程度積もりました。
今日は、小屋の周りの雪かき。男も女も皆総出です!
テラスって、こんなに広かったんだ~と、ガチャコが一言。
IMG_3731.jpg

午後から晴れ間が射し、常念が綺麗に雪化粧されていました。
CIMG4243.jpg

  1. 2007/10/20(土) 18:49:33|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

冬支度

今日は、涸沢でも雪がチラチラ舞いました。
初雪とまではいかない程度ですが・・・

ここ涸沢では、『紅葉がきれい~♪』とゆっくり眺めてばかりではいられません。
あっという間に冬が来てしまうので、もう冬支度が始まります。

まずは、涸沢国設テント場の受付小屋。
ここは、お隣の涸沢ヒュッテさんと合同で管理していますので、
解体も一緒に行います。
CIMG1135.jpg

ヒュッテさんの社長さん自ら作業しています!
すばやい身のこなし!いつも頭が下がります。
CIMG1138.jpg

だんだんと作業が進み、
CIMG1140.jpg

基礎だけとなりました。
CIMG1141.jpg

この小屋のある場所は、カールの底なので、雪崩の通り道。
なので、毎年建てては解体しています。

※受付の小屋は解体しましたが、まだテントの受付は必要です。
 夕方頃、係りの者が受け付けしに行きますが、
 小屋かヒュッテさんでも可能です。
 
  1. 2007/10/18(木) 18:22:47|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

最後の紅葉

雪崩からいつも守ってくれている、涸沢小屋の背後にある岩盤。
やっと色づきました。
CIMG4186.jpg

涸沢のテント場付近の紅葉は、小さな樹がポツポツあるので、かわいらしい!
CIMG4194.jpg

涸沢の分岐まで降りると、紅葉トンネル。
落ち葉のじゅうたんになりつつあります。
CIMG4191.jpg

おまけ。。。
夏から今まで一緒に頑張ってくれていたマコちゃんが、仕事が終了し、下山していきました。
本当にありがとう!
歌に、ダンスに、グルメに。楽しかったね!
いつもお手伝いに来てくれている羽場さん、小野さん、ちえさんもありがとうございます。
CIMG4185.jpg

もう一つおまけ。
今朝、屏風のコルの上の雲が赤く光りました。
写真を撮るお客さんがたくさん!(?)
涸沢でも、霜が下りてきているので、風邪引かないようにしてください。
CIMG4196.jpg

  1. 2007/10/18(木) 07:20:21|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:1

アットホーム②

だいぶ前になりますがアットホーム①というブログを更新しましたが
この時期には色んな人が来てくれます。ということで第2弾!!

CIMG1131.jpg
京都のAさん。超常連さんです!!
CIMG1129.jpg
大町のなっちゃんチーム!!手伝ってくれてありがとう。
CIMG1123.jpg
チーム髭づらカメラマン!!
CIMG1125.jpg
チームみくりが池。ケンチャンまた来てください!!
CIMG1133.jpg
最強助っ人おのさん、ちえさん。ありがとう!!

うちの小屋は、穂高が好きなみんなが集まる小さな山小屋です。
是非、来年も涸沢にいらして下さい。

これで今シーズンもそろそろ終了になってきました。
これから小屋閉め作業が本格的に始まります。
この涸沢からのHPとブログの更新もいつまで出来るか分かりません。
11月下旬からは小屋番の下界の生活をブログで更新していきます。
どうぞ宜しくお願いします。



  1. 2007/10/15(月) 09:20:36|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

紅葉と戯れる人々。

ここ数日本当にいい天気。涸沢カールは萌えて、いやいや燃えています。
ウチの会長は、写真を撮るのが趣味なのですが、今年の紅葉はいいな、と涸沢内を歩き回っています・・・・


CIMG1119.jpg
撮影ポイントを探す会長。見つけてもそっとしておいて下さい
恥ずかしがりやな性分なので(苦笑)
CIMG1116.jpg
居候の羽場さん。なんか絵になりますね・・・

おまけ
CIMG1120.jpg
西穂山荘の後藤主任が来てくれました。また来てください!!




  1. 2007/10/13(土) 12:00:40|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

秋晴れ

涸沢は秋の移動性高気圧に囲まれて好天が続いています。
雨や風がないおかげで紅葉は最高の状態です・・・

PA111478.jpg
紅葉のトンネル・・・涸沢小屋から奥穂へ15分!!
IMG_3663.jpg
燃えるように赤いナナカマド・・・
IMG_3662.jpg
チングルマの草紅葉・・・
PA111480.jpg
変わった人がいました(笑)

これから1週間は見頃が続きそうです。
是非、日本を代表する山岳有形美を御覧に足をお運び下さい。
  1. 2007/10/12(金) 09:20:26|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

涸沢カール一周!

今日は快晴!
朝は5℃を下回り、『ピン!』とした空気がとても美味しく、気持ちいいです。
昨日までの雨で、紅葉が一気に進み、見頃を迎えています。
これから10日間ぐらいは見頃が続くと思われます。
と、いうことで、涸沢の周りの山を一周撮ってみました。。。
『北穂高岳の南稜』
CIMG4131.jpg

『涸沢槍と涸沢岳』
CIMG4151.jpg

『奥穂高岳』
CIMG4138.jpg

『前穂高岳の北尾根』
CIMG4135.jpg

『常念岳』
CIMG4134.jpg


おまけ・・・
涸沢カールの雪解け水が下に流れる岩場では、冷えるのでしょうか・・・
霜が下りているようです。
CIMG4146.jpg

9月末より10月の連休まで、お手伝いに来てくれた、
モッサリアンの彼女『ミッチー』が、帰ってしまう・・・
大雨の日だったため、受付の狭いところで密集!
ありがとう!!!

IMGP0306.jpg

紅葉の涸沢カールでお会いできることを楽しみに。
お待ちしています!
  1. 2007/10/10(水) 18:29:18|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

先客万来

連休が始まりました。
天気もよく涸沢カールは大賑わいです。

CIMG4100.jpg
涸沢小屋から奥穂へ15分の撮影ポイント。
今ナナカマドが見事です。
CIMG4110.jpg
小屋のテラスもたくさんの登山者で賑わっています。
疲れて火照った体にはソフトクリームが一番!!
CIMG4107.jpg
山岳地域のテント場では日本一の涸沢。
カール内は一大テント村。テント場の眺めも見事。
色とりどりのテントで埋め尽くされています。

おまけ
CIMG4106.jpg
岡Pがガイドの仕事できてくれました。
あんまりふざけないで下さいね(苦笑)

紅葉は来週も見頃が続きそうです。是非お越しください。
  1. 2007/10/07(日) 10:49:53|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

燃える涸沢!!

今日から連休です。涸沢小屋の上の台地では紅葉が見頃になっています。
燃えるようなナナカマドの赤、輝く金のようなダケカンバの黄色、
1年に1回しかない時期がついにやってきました。


CIMG1101.jpg
奥穂とナナカマド。見事なラスタカラー。
CIMG1102.jpg
北尾根とナナカマド。見頃になっています~。
カメラはお忘れなく・・・・

おまけ
CIMG4076.jpg
昨日は本当に嬉しい出来事がありました。
ずっと待っていました。本当にお帰りなさい・・・
おまけというよりこちらがメインかな・・・

では錦秋の涸沢でお待ちしております。
  1. 2007/10/06(土) 10:40:43|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

真打ち登場

明日から秋の3連休!!
天気もよさそうです。そして紅葉も綺麗になって来ました。
小屋より上ではダケカンバの黄葉はもう見頃です。
ナナカマドはもう少し!!

涸沢小屋ではこの連休に備えていろんな準備をしています。
CIMG4065.jpg
北アルプスの大空を担う東邦航空SA315B通称LAMA。
昨日は荷揚げでした。ヘリの真打ちといえばLAMA。
これで連休の食材もバッチシ!!
CIMG4066.jpg
そして涸沢小屋の真打ちといえば奥原会長。
女衆と揃えば100人力!!
CIMG1078.jpg
涸沢小屋のすぐ上、ザイテングラードに向かう登山道です。
紅葉のトンネルも見事になってきました。
この小道が僕は涸沢で一番好きですね・・・
こちらももうすぐ真打ち(ナナカマド)登場です。
CIMG4067.jpg
そして笑いの真打ちといえば、ムサシです(笑)!!
このテンションは涸沢小屋しか味わえません!!


おまけ
CIMG4068.jpg

去年働いていたヒロPとおかあさん。
嬉しいゲストさんです。ヒロPおかえり・・・また来てくださいね。

これで準備万端だ。さあこの連休みんな気合入れていくぞ!!

では、お待ちしておりまーす
  1. 2007/10/05(金) 08:32:51|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

看板職人

ここ数日でいきなり紅葉が進みました。
朝晩はかなり冷え込んできています。
防寒具等の装備を持ってお越しください。

さて話は変わりますがウチの看板職人が芸術品(?)
とも言える看板を作ってくれました。
作るのはもちろんこの人、涸沢一の快楽主義者、青マンです。
CIMG3797.jpg
雨の日にはコツコツ地道に彫っていました。まるで職人!!
CIMG3882.jpg
こうして出来上がった看板がテラスについています。
是非見に来て下さいね。

看板にしてもそうですが、涸沢小屋は
ひとつひとつ手作りの小さな山小屋です。
小さなため、登山者の皆様には紅葉のピーク時に
ご迷惑をお掛けするかもしれません。
何かと不自由かとは思いますが、スッタフ一同頑張って対応頂きますので
宜しくお願いします。ではお待ちしています。
  1. 2007/10/04(木) 07:32:39|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

色づく秋。

少しずつ、ですが確実に錦秋の涸沢に近づいてきています。
ガスの中はっきりした写真は撮れなかったんですが・・・
小屋の周りはこのような感じです。

CIMG1076.jpg
ナナカマドがオレンジ色になってきました。
CIMG1074.jpg
今年は秋の晴天が続いたので綺麗な色が期待できそうです。
間違っても枯れてませんからね。撮り方が悪いのです。(苦笑)

おまけ
CIMG1073.jpg
徳沢園の千田さんが来てくれました。
抱いているペンギンは旦那の身代わりだそうです(笑)
  1. 2007/10/02(火) 08:53:27|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

今日から10月・・・

気付けば十月・・・
もうすぐ小屋閉め・・・
下りれば待ってるパラダイス?・・・

しかし涸沢はこの十月が一番燃え上がる時!!
涸沢小屋は最後まで全力で行かせて頂きます。

少しずつダケカンバが黄色くなってきました。10前後が見頃になりそうです。
ですが今日は曇っていて写真がアップできません。(涙)
ということで先週産経新聞の取材で滝谷に行ってきました。
その写真でもどうぞ!!

CIMG1047.jpg
懸垂下降するOさん
CIMG1052.jpg
2P目を登るOさん、クライミング初めてと思えません。
CIMG1059.jpg
最終Pを登るOさん、ガンバ!!
CIMG1060.jpg
ドームの頭にて至福の一服!!

今年は産経新聞が通年で穂高の取材に来てくれています。
新聞記者のOさんもすっかり山男ですね。

  1. 2007/10/01(月) 09:06:43|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。