涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涸沢小屋OGのMAIが来ました。

少し前ですが、H17年度の涸沢小屋の女衆として働いていていた、
マイボンが遊びにきてくれました。

彼女は夢を叶えて今は東京の動物病院で働いています。
彼女がここにきたときは18歳でした・・・『山小屋に働くのが夢だったんです~』
と言っていたのが、今はホント懐かしく思います。

その若さで二つも夢を叶えてしまってキミはこれからどこにいくんだい?

CIMG6796.jpg
マイとガチャコの2ショット。ガチャコも18で小屋に来たんだな・・・
そういやナオキもか・・・うちの小屋はそういう奴が多いのかな?
CIMG6825.jpg
1升瓶を担いできてくれました。ありがとう!!

彼女の真っ直ぐなまなざしを見て、自分も夢に向かって前進していきたい。
そう強く思うのでした・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
スポンサーサイト
  1. 2008/06/29(日) 08:59:59|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

滝谷

昨日北穂に行ってきました。
南稜の取り付き付近はまだ雪しっかりがありピッケル、アイゼンは必要です。
東稜も同じですね・・・核心のゴジラの背には雪は全くなかったですが、
アプローチにはピッケル、アイゼンが必要です。

CIMG7038.jpg
滝谷にはガスが良く似合う・・・

ドーム北壁、日が当たって暖かそうだな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/28(土) 12:55:52|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

お花見の季節

Sガレに春が来ました。

穂高が好きです。でもこの時期の涸沢がもーっと好きです。
CIMG7025.jpg
ミネザクラ綺麗ですね・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/27(金) 16:46:26|
  2. | トラックバック:0

神々の森

休暇でおりていました。
CIMG6934.jpg
心も体も癒されるそんな場所です・・・・
CIMG6943.jpg
命の息吹を感じます・・・
CIMG6948.jpg
樹に癒される・・・

みなさん北アルプスじゃなくてもいいですよ・・・里山でもいいですよ。
山を登ってください。日本にはいろいろな山があります。だって日本は山国なんですから・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/26(木) 14:09:18|
  2. 田舎暮らし
  3. | トラックバック:0

槍穂憧憬

昨年1年間穂高を取材していただいた産経新聞社の大西さんが
遊びに来てくれました。大西さんは『3000Mの風』というコーナーで
北アルプス特配員として約8ヶ月間穂高界隈に常駐されていた方です。

そしてお土産をいただいたのですが、なんと槍穂憧憬
というつい最近発売された産経新聞社さんの写真集を持ってきてくれました。
32076587[1]


東京写真記者協会企画部門奨励賞受賞という賞を取った作品だそうです。
山岳カメラマンではなく報道カメラマンの視点から撮った穂高の作品を
是非一度ご覧ください。好評発売中だそうです!!


CIMG6858.jpg
大西さん Kさん、S君来ていただいてありがとうございました。

この作品では私たちのことを『小屋番』と書いてくれています。
小屋番という言葉を新聞というメディアに載せてくださった大西さんに感謝!!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



  1. 2008/06/24(火) 15:25:46|
  2. メディア
  3. | トラックバック:0

AED配備

山小屋は公共性の高い施設です。国立公園の中にある事と
緊急避難的に使用される事があるという事でです。
涸沢小屋は一民間企業ですが、登山者に求められるレベルは
その範囲を超えている事があります。

そこでこれだけ色々な方が来られる場所ですので不測の事態に備えて
AEDを購入しました。
使わない事が一番ですが、備えあれば憂いなし!!何かあったときに安心です。

CIMG6859.jpg
AEDは手持ちサイズですね。
CIMG6860.jpg
こんなふうに肩にもかけられるんですね・・・
いつも持ち歩いているのではないのであしからず(苦笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

おまけ
CIMG6850.jpg
小屋の脇にニッコウキスゲが咲きました!!
花が綺麗な時期になってきました。
  1. 2008/06/23(月) 07:18:54|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

親子登山のススメ

涸沢小屋ではファミリー登山を歓迎しています。
なぜなら涸沢という場所は登るもよし、1日ゆっくりするのもよしだからです。
子供や母親の体調で予定を変更せざる得ない時も
涸沢なら楽しめると私は考えています。

しかも涸沢に来る途中に山小屋も沢山あり安心です。
8月24日から涸沢フェスティバルも開催されます。
ファミリーで楽しめるイベントがいっぱい。是非ご家族でお越しください!!

ですが、色々な方々は『小さい子を標高の高い所に連れて来ては
『子供の体に良くない』とか『何かあったらどうするんだとか?』とか
『自分で歩けるようになってから来たらいいじゃないか』
とかごもっともな意見が聞こえてきそうです。まさにその通りだと思います。
私も少し前までそう思っていました。

しかし実際親になってみて分かったのですが、(私の場合ですが・・・)
家族のご機嫌は全て母親握っているのです。
(母親さんが働いてる家は逆ですよね・・・)
母親が調子や機嫌が悪くなれば、子供も悪くなり、
逆に良くなれば家族皆が楽しいわけです。
何がいいたいかと言うと、母親は365日1日も休み無く
育児や家事に追われているのです。
もし母親が山に登ってリフレッシュできる方なら、
その時父親が子供と登っていれば、母親は
自分の時間(登山)を楽しむ事ができ、
なおかつ家族みんなで行う登山やハイキングは
家族の絆も深くなります。最高ですよね。
けっして子供は二の次とかそういう意味ではなくて
母親が楽しめる環境が子供も楽しめると言いたいのです。
私達は母親が楽しいそして快適な山小屋にしていきたいと考えています。

ですので登山者のみなさま、
ファミリー登山をしてる方々を温かい目で見てやってください。

CIMG6838.jpg
背負われてる子供は動かないので防寒対策はしっかりと。
夏でも北アルプスは寒い時がありますから・・・
CIMG6803.jpg
前穂北尾根をバックに我が子と2ショット。

最後になりましたが穂高は非常に厳しい山です。
子供を連れて涸沢より上にいかれる方は
くれぐれもロープを用意して子供と連結してくださいね。
出来ないようならガイドを雇ってください。

子供は予定外の動きをします。それは好奇心の塊だからなのですが、
穂高は一歩踏みはずすだけで大事故になります。
ですのでロープをつけないのなら涸沢より上は行かないで下さい。

そしてロープをつけている人にあったら『イヌの散歩みたい』
など言わないで下さい。ロープはけして恥かしいものではなく、
ロープを付けないで事故に遭う事が恥かしいのですから・・・・


おまけ
CIMG6822.jpg
我が子とウチのオヤジ奥原広次です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/21(土) 11:29:57|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

第28回山小屋従業員親睦スキー大会。(昼の部)

さあ、飲み会の次の日は本番のスキーとソフトボールです。
しかし皆二日酔い(苦笑)でも盛り上がっていきましょう!!

まだまだ雪が沢山ある涸沢。是非一度滑りにいらして下さい。

P6173247.jpg
スタート地点にて。昨日とは違い皆マジです!!
P6173246.jpg
上高地のお猿さんこと つっちーが滑る!!
P6173254.jpg
勿論真打はこの人、ヒュッテの山口浩一さん!!
P6173244.jpg
モッサンも滑る!!このロケーションが最高ですね。
P6173267.jpg
そして、みんなでソフトボール大会だ!!
グランドは涸沢カールすべてです!!大自然の中で体動かすのは最高です。
CIMG0445.jpg
表彰式にて・・・誰が勝ったかは、小屋にて直接尋ねてくださーい。

こんなに笑った2日間は久しぶりです。小屋番最高!!
楽しそうでしょう・・・みなさん来年山小屋で働いて参加してみては如何ですか?
働かなきゃだめですよ。(笑)

おまけ
CIMG6795_convert_20080619114956.jpg
ナオキがアイドル賞をもらいました!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/19(木) 10:25:49|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

第28回山小屋従業員親睦スキー大会。(夜の部)

ついにこの日がやってきました、山小屋従業員親睦スキー大会!!

このスキー大会とは北アルプス南部地区の山小屋や上高地の方々等
山小屋関係者がこの梅雨の暇な時期に集まり、夏のトップシーズンに向けて
しっかりとした連携を図るために企画されたのが始まりだといわれています。

こういう伝統があるのはこの界隈だけじゃないでしょうか?
なんせ参加者には若い人や新人が多く、ざっくばらんに親睦を図るのですから・・・
本当にこんな大切な催しを続けてきてくれた先輩方に感謝します!!

このスキー大会は夜の部と昼の部で分かれています。

今回は夜の部をお届けします。昼の部はまた明日ですね!!
CIMG6766.jpg
小屋のテラスにはスキーがズラリ。
CIMG6744.jpg
みんなで乾杯です!!うーんかわいい女衆が沢山居ますね。
山の未来は明るいぞ!!
CIMG6742.jpg
ここはちょっと濃いですね(苦笑)
CIMG6753.jpg
勿論、山の歌が炸裂です。Wさんありがとうございました。
写真はここまで!!『なぜかって?それはここからは過激すぎたので・・・苦笑』

時代が変われど、こうやって皆で山を登り、滑り、酒を飲み、歌を歌う。
こんなに尊い行為と強い絆で結ばれた仲間がいるなんて現代ではそうないんじゃないでしょうか?

めまぐるしく変わる世の中でも大切なものは変わらないのでしょう。
いやきっと変えてはいけない、守っていかなければならないとそう感じたのでした・・・

おまけ
CIMG6772.jpg
あまりにもいい笑顔なので載せていただきました。
やっちゃん、モモちゃんありがとう!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/18(水) 13:43:48|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

前穂高岳東面奥又白の岩場 北壁~Aフェース

行ってきました。前穂東面の岩場に!!
しっかりとアプローチと岩自体の状態を確認できました。

涸沢ベースでいかれる方はいつでも聞いてください(テント泊の方もどうぞ)
ただ最後は必ず自己判断でお願いします。それが登山という行為ですから・・・・

CIMG6668.jpg
3,4のコルからC沢の下降です。今はかなりの急斜面です。
この時期はここが核心かも・・・
CIMG6675.jpg
B沢をつめるとDフェースが見える。この左の弱点が北壁。
CIMG6680.jpg
Aフェースは明るく快適な登り。
CIMG6694.jpg
ピークに出て北尾根を下降しました。最後は3峰を懸垂。

雪解けすぐなので全体的に浮石が多いですね。
しかし登山靴でするクライミングとしては非常に快適なルートに入ると思います。

『えっなぜクライミングシューズじゃないかって?』それはアプローチに雪があり、アイゼンが必要
ですし、すべて登山靴で登れるのが無駄に荷物を持っていかないシンプルなスタイルだと
考えているからです。『登山靴で登る』これが実は基本なのかもしれません。

帰ってからの午後は皆でペンキ塗りをしました!!
P6153229.jpg
ガチャコ、うまく塗れてるかな?
P6153230.jpg
おのっちも頑張ります。
P6153231.jpg
モッサン、ちゃんと養生しろよ!!
CIMG6728.jpg
発電機のメンテも行いました。もっさんお疲れ様!!

山を登って、帰ってからもしっかり仕事する。これが小屋番の姿です。

あっそういや今日は涸沢スキー大会だ!!準備、準備っと。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


  1. 2008/06/16(月) 09:59:45|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

登山道整備。

今日は天気もよく週末ということで、登山道を
歩きやすいように雪にステップを切ってきました。
しかし外で体を動かすのはホント気持ちいいですね!!

CIMG6709.jpg
ウィローがスコップ片手に頑張ります。涸沢小屋は女の方にも
登山道のスッテプを切ってもらいます。自分達が歩き、整備する事によって、
問い合わせなどの対応が的確にアドバイスができるのです。
CIMG6721.jpg
ウチのオヤジ 奥原広次も登山者の為に頑張ります!!
CIMG6711.jpg
しかしナオキは毎年のことながらサボってばかり・・・・(苦笑)

この間、涸沢ヒュッテの社長 山口孝さんと話をする機会があったのですが、
その中で『涸沢の小屋番が日本で1番道直しをしてる!!これからも気合入れてやるぞ。』
と言っていました。昔から続く涸沢の小屋番の伝統を私達も引き継いでいきたいと
強く思うのでした!!

おまけ
CIMG6664.jpg
雪屁が崩れて面白い雪の彫刻が出来ていました。
横にいる馬鹿は余計ですが・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/14(土) 14:43:37|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

ずっと・・・

梅雨の中休みですね。(笑)
はっきり言って梅雨入り宣言したら天気いいんですよね穂高は・・・・
登山者の方々是非いらして下さい。

ただまだ雪はしっかりありますので装備はしっかりしてきてくださいね。

CIMG6663.jpg
昨日の朝焼けです・・・ため息が出そうなくらい綺麗ですね。

CIMG6700.jpg
今日もせっせと大工しごとです。

CIMG6702.jpg
今日の客食です。手はガチャコのです。
涸沢小屋の手料理に食べに来ませんか?

夏よはやくこーい!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/13(金) 15:41:27|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

涸沢小屋、春の登山研修会

やってきました、毎年恒例の登山研修会!!
今年の講師はおなじみ木村Gと国際ガイドの棚橋Gと梶山Gです。
お三方とも、JAGU所属の日本を代表するプロガイドです。

こうしてプロガイドと一緒に登り、確かな技術を学ぶ事で
小屋での仕事、救助活動、そして自分達の山行の時に
この経験が役に立つのです。

涸沢小屋では、山を安全に登ったり下りたりする技術が無い人間には
きちんと学んでもらう事にしています。なぜならそれが『小屋番』
という仕事を理解するのに一番いいからなのです。

今回は滝谷のドーム中央稜が講習のルートとなりました。

IMG_6558.jpg
ガチャコがのぼります。落ち着いて!!
IMG_6567.jpg
モッサンとウィローの2ショット☆
IMG_6569.jpg
最終ピッチを登るウィロー!!小屋1年目とは思えない軽やかな登りです。
IMG_6540.jpg
もちろん最後は稜線に出てこの景色。
IMG_6539.jpg
3000Mの稜線ですよ!!こんな場所でクライミングが楽しめるなんて・・・
穂高だからこそですね。
みなさーんジムもゲレンデもいいですが、山を登りませんかー!!
CIMG6698.jpg
講師の方々ありがとうございました。


おまけ
CIMG6660.jpg
なっチャンが来てくれました!!ありがとう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/11(水) 18:04:24|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

北アルプス山岳功労賞

この週末NPO法人北アルプスブロードバンドネットワークが主催する、
第3回北アルプス山岳功労賞の表彰式に行ってきました。

この法人は世間ではあまり知られていませんが、
北アルプス地域の「高山植物や雷鳥などの自然保護活動に 関する活動」、
「登山道整備などの環境保全活動」、「山岳遠隔医療・山岳救助活動の充実」
を目的として山小屋が主導で活動しています。

CIMG6651.jpg
今回の受賞者は・・・
CIMG6644.jpg
順天堂大学医学部さんと東京慈恵会医科大学さんの2団体です。
長年にわたり山岳医療に貢献してきた事が評価されたそうです。すごいですね。
ですが、山ではなるべくお世話にならないよう気をつけないと・・・・
CIMG6652.jpg
そのあとの懇親会にて。いろいろな話が聞けてよかったです。

おまけ
CIMG6642.jpg
自宅の畑に少しずつですが野菜が収穫できるようになって来ました。
うまい!!毎回下りるのが楽しみ楽しみ・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/09(月) 18:16:51|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

涸沢フェスティバル

の打ち合わせに松本まで下りてきました。
やはり遠いですね松本は・・・・(苦笑)

さて今年の8月24日~26日まで、涸沢フェスティバルというイベントが開催されます。

山と渓谷社さんが主催ですが涸沢小屋も協賛しますので是非皆さんいらしてください。

CIMG6625.jpg
山渓の大畑さんと木村さんです。頑張りましょう!!

内容はパタゴニアさんの映画祭や(小屋でも上映しますよ)
山ヨガ、各メーカのワークショップ、自然観察、
エコな写真教室、限定メニューなどなど
山(自然)を知らない若い世代の方や家族ずれの方が楽しめる
エコで滞在型のイベントが盛りだくさんなんです!!



しかし一方、昔から涸沢という場所を愛されている登山者の方々からすれば
『山という自然な場所で何をチャラチャラしたことをしてるんだ!!』
『何もしないことが自然なんだ』とか『山は厳しいものだから軽々しく来るモンではない』
とか山に対して真摯な意見が出てくることでしょう・・・

確かにそのとおりなのですが、今、山小屋の世界は若い世代の働き手が非常に
少ない現状です。それはきっと山小屋の仕事に『未来』がもてないからでしょう・・・
それは『給与』の問題だけではなく、山(自然)を楽しむという当たり前の行為が
山小屋で働いていると出来なくなってしまったからだと私は考えています。

話がそれましたが、今、日本の登山界では全く同じ現象が起きているのではないでしょうか?
一部のトップクライマーは世界レベルまで来ていますが、
本当の意味で登山界を支えているのは一人ひとりの登山者の方々なのです。

その中で
仕事の合間を縫って山を登ろうと、自然を楽しもうという若い方々があまりにも少なすぎます。
山はある程度年を取らなければ楽しめない行為なのでしょうか?
山は頂上に登らなければ意味を成さないものなんでしょうか?
私は少し違うと考えています。難しいクライミングなんてしなくともピークを目指さなくとも
山(自然)を楽しむ事だって出来るんです。

だって登山は競い合うものではなく自分で楽しむものではないのでしょうか?
もちろん危険もともなう行為なのでしっかりとした鍛錬も必要でしょう。
しかし山に修行しに来ている訳ではないのです。

たとえばピーク登らなくとも
山に登って自分で入れたコーヒーを飲む。こんな贅沢ことないですよね!!
自分で背負って自分で歩いて、自然を楽しんでそれが一番大切な事だと
若い世代の人は今の世の中では知る事ができないのです。



そういう事を伝えるイベントとして、登山界の門戸を広げる為のイベントとして
涸沢フェスティバルにご理解、ご協力の方よろしくお願いします。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。



みなさん、登山界の先輩として色々な『山でのコーヒーの入れ方』
を私たち若い世代に教えてくれませんか?


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




  1. 2008/06/07(土) 12:02:46|
  2. 涸沢フェスティバル
  3. | トラックバック:0

のんびりな1日

今日は国際ガイドの熊さんとお客さんのKさんがきてくれました。
いつもこの静かな時期に来てくれるので、いろいろ話が出来て嬉しいかぎりです。

バリエーションルートも渋滞する事が無いこの時期は登るにはもってこい!!

CIMG6615.jpg
なぜかオムレツを作る熊さん。料理の腕も天下一品!!
CIMG6617.jpg
夜はごうちそうが並びました。

またいらして下さいね。

おまけ
CIMG6614.jpg
ピザを作ってみました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/06(金) 08:20:51|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

レンタルザック。

4月にレンタルザックを新しくしたとブログに載せましたが、
ザックの画像がなかったので、今日載せたいと思います。

MAMMUTのザックをお試しで使えて、なおかつ小屋に荷物をデポして
奥穂や北穂に軽いザックで登れるなんてなかなか無いですよ!!

もちろんお泊りの方のみの貸し出しです。


CIMG6607.jpg
マムートかっこいいですね。どの世代の方にも背負っていただきたいものです。
あと涸沢小屋のワッペンは気にしないでください。(苦笑)


CIMG6609.jpg
この二人が背負うと、何か違うものに見えてきますが・・・・


是非レンタルザックでRight&Fast(軽くそして速い)な山旅をしてください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/04(水) 11:24:43|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

晴れ間・・・

最近天気がいまいちでしたが、昨日は本当にさわやかな天気となりました。

この週末頑張ってこられた方は最高だったと思います。
雪の状態もよくなり各バリエーションルートにいかれる方はもってこいの季節ですね。
ルートの状態は小屋にお問い合わせ下さい。

CIMG6597.jpg
山岳ガイドの川名さん御一行。
お泊りじゃなくてもこうして立ち寄っていただけるなんてありがたいことです。

CIMG6600.jpg
OBの小出さんが来てくれました。
夜、いろいろな話ありがとうございました。


こうしてOBの方から聞く貴重な話を
僕たちも後世に伝えていかなくてはいけないんだと改めて感じました。
今当たり前のものは、歴代の小屋番の血と汗の結晶だということを・・・

昨今、ストレス社会や何でも便利で早いほうが良かれとされる社会ですが、
涸沢小屋は不便だからこそ体や心にやさしい『古きよき山小屋』でありたいと思います。
不便だからこそ自然を楽しめ、自然に対して謙虚になれるのです。

現代社会と時の流れが違う、山という自然の空間。
エコな活動『登山』をやってみませんか?
メタボも一発で治りますよ!!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
  1. 2008/06/02(月) 08:45:07|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

今日から6月。

今日から6月気合入れて頑張りましょう!!
ですがしばらく雨だったので載せる写真がありません。
今日から晴れなので明日からはアップできるかと・・・

さてこの間(27~30日)下界に下りていたんですが、
テレビの撮影の仕事に中央アルプスに行っておりました。

CIMG6583.jpg
内容はお伝えできませんが、こんな大人数で撮影するんですね・・・CIMG6590.jpg
最後は主演の少○隊、東○さんと記念撮影!!

おまけ
CIMG6587.jpg
ホテル千畳敷にはウル『スキーの』という神様を祭った神棚があります。
Kさんお世話になりました。
  1. 2008/06/01(日) 08:21:40|
  2. HOTAKA GUIDES  穂高ガイズ
  3. | トラックバック:0

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。