涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小屋番という生き方・・・

今日は載せるような出来事が無いので小屋番とは何かと考えてみました。


山小屋の仕事というものは 冬はいったん解雇されるわけですが、
皆さんには経済的にも大変だなとか、冬の仕事どうするなどといわれますが
僕的には、それが逆にすごくいいと考えています。

まずゴールのある仕事というのはすごく達成感がありメリハリを付けやすい
という事です。
二つ目は冬に4ヶ月間という現代の日本では考えられない長期休暇がある
という事です。解雇されていますが働いてる間は肩書きは会社員ですし・・・

昔の豪雪地帯の百姓がそうであるように、冬は出稼ぎや酒蔵の杜氏など
2つの人生が楽しめます。冬の4ヶ月間世界を旅する事だって可能です。
一度の人生色んな仕事、色々なところにいける小屋番というのは、
ものすごく魅力のある仕事だと思うのです。

下界でやれば、なんて中途半端でいいかげんで、仕事も続けられない
ニート君や、フリーター君になりますが、山が好きでそれに情熱を
燃やしプライドを持って仕事に取り組む小屋番は違うと、僕は考えます。
(そうはいっても一部の登山者にはニート扱いされますが・・・)

昔、半農半士という言葉があったように、半小屋番半?という考え方
すごくすばらしいですよね。
今年もウチの連中は世界を旅したり、新しいスキルや資格をとるため
勉強したり、季節労働者らしく雪のある場所で働いたり、もちろんひきこもりもいますが・・・(なお○です)
それがまた春戻ってくると新しい風がこの涸沢小屋に流れるのです!!
来年の涸沢小屋も乞うご期待ですよ!!

山が好きな方、自分の好きなことをして
食っていきたい方、そして小屋番してみたい方、是非来年 涸沢
に来て見ませんか?
お金持ちにはなる確立は低くなると思いますが・・・・(苦笑い)

さあ今年の冬は何をしようかな?
僕は自分の山を見つけに登りつづけようと思います・・・では
スポンサーサイト
  1. 2007/10/27(土) 17:46:06|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/100-d06c6f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。