涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少しずつですが・・・

散り始めましたね・・・
まだ綺麗に紅葉しているところはありますが、全体的に散り始めてきています。

こればっかりは嘘ついても仕方ないですからね・・・少し残念です。


RIMG5972_convert_20101012094959.jpg
今日の午前9時の画像です。涸沢より下方を眺める。
この画像で判断していただければ幸いです。

まだ綺麗ですがやっぱり、少しずつ落葉はしていますね。
一日一日劇的に変わりますので、この時期、涸沢に滞在すると神秘的な落葉が見れます。

そして落ち葉が沢山の登山道も美しいものです。
また違った楽しみも出来る時期に入り始めた涸沢の今日この頃です。

RIMG5973_convert_20101012095155.jpg
北穂東稜側も散り始めです。

これから少しずつ、紅葉は横尾本谷へ移ろいで行きます。
あと涸沢より上に行かれる方は冬への対策をした装備を携行してくださいね。

そういえば連休も終わりましたね。
いつも爆発的に混雑していることを考えるとなんか少し静かな連休でした。

ここで裏話。
今年の涸沢小屋は夏秋シーズン含めは一日200名を超す日は一日も無かったです。
これは涸沢小屋の歴史上、ここ40年ではありえないことだそうですよ。
企業としてはまずい事ですが、登山者の方々としては良かったのかなと私たちは考えています。


昔は一枚の布団に3人だとか、一日500人だとか、すごい武勇伝を先輩に聞いたことがありましたが、
今の登山者の方々はうまく日を選んでくださるので、涸沢小屋ではもうそういう事はないんですね~。

穂高岳は日本有数の厳しい山域です。そして睡眠不足や体調不良では登る事が難しい山です。
『布団一枚でゆっくり寝て、お腹いっぱい食事をしていただくことが安全登山の第一歩である』
それが涸沢小屋のオヤジ(奥原広次)の考え方です。

鎖場などの難所も渋滞すれば危険ですし、一日に人が集中すれば高山植物などの植生も傷ついてしまいます。
やはりどんなことでも適正数があるというのが、オヤジの価値観なんでしょう。

少しはその価値観に近づけることができたかな。
今は小屋番一同連休が終わり疲れた体ですが、小さな達成感を感じています。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/12(火) 10:37:34|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/1007-66392c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。