涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涸沢国設野営場 受付解体

今日10月13日のテント場からの画像です。
まだ遠目だとかなり綺麗ですね。今年の紅葉は息が長い!!

ですが、テントも減って来てだいぶ涸沢は静かになってきました。
RIMG011aa0.jpg


さて連休も終えて小屋番も一息つくだろうとみなさんお思いでしょう。

しか~しこれから先は、涸沢は雪との闘いに備え色々な小屋閉め作業が始まるのです。
まずは手始めにヒュッテさんと合同で涸沢国設野営場の受付小屋の解体にかかりました。

積雪は15Mを超え、雪崩の巣とかす涸沢では人工物は跡形もなく消し去られてしまいます。
ですのでほとんどの建物が、解体され、そして補強されます。
テント場の受付小屋も例外ではありません。
雪が来る前にがんばって解体しましょう。

そして、世界に誇る涸沢の紅葉をバックに仕事ができる喜び!!最高です。
さてどんな感じ解体するのか見てみましょうか(笑)
RIMG597ggg7.jpg
この立派な建物の小屋番の手にかかればものの2時間で解体されます。
RIMG5983gg.jpg
まずは手始めに屋根からですね。
RIMG5988ggg.jpg
材を運ぶトッティ。屋根がなくなり、残す葉柱と壁です。
RIMG5991ggg.jpg
壁を外し、柱、梁を取って行きます。なぜかニヤケている、もっさん&おのっちです。
RIMG5993jjj.jpg
あっという間に土台だけになりました。
この受付小屋はまた来年の6月ごろに建てる事でしょう。
1年間お疲れ様、そしてまた来年もよろしくね。受付小屋の材たちに別れを告げました。

これからは静かな初冬の穂高楽しめます。しっかりとした装備で
日本で一番早く雪のにおいがする穂高へ、是非いらして下さい。

道ですが、穂高岳山荘までと、北穂高小屋までの登山道の雪はまだありません。
しかし縦走等、北側斜面通過時は、雪と氷に充分注意が必要なりますので宜しくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/13(水) 13:34:09|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/1008-c3c656a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。