涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネパール遠征 まとめ

もっさんです。

長かったネパール遠征も最後のまとめになりました。

今回のネパール遠征の目的は憧れのエベレスト街道を歩きアイランドピークへ行くことでした。
もう一つの目的は世界有数の山岳地帯歩きその土地の文化やそこで暮らす人々の生活を見ることで僕らが住む涸沢・穂高に還元できたらと言う思いを持って遠征に出かけました。

登山となると全ての荷物を背負い挙げ、ルート工作から滞在する宿の交渉登山許可の手続きなど山ほどある事を自らがやるのが普通です。
確かにそれを全てこなすことで素晴らしい達成感も得られ思い出深い旅が出来るでしょう。

今回の遠征のもう一つの目的であるそこに暮らす人々から学ぶ観点から僕らはそれらのことを全て現地のガイドに頼むことにしました。普段ガイドをする側からガイドされる側になって感じたことはこれからの穂高カイズの中で還元したいと思います。
ガイドされる側になって感じたことですが煩わしい交渉事から毎日の食事の用意は全て現地のガイドが全てやってくれます。
たったこれだけでどんなに楽なことか。
エベレスト街道の後半は4000mを超えてきます。
高山病に対して慎重な体調管理からスケジュール調整に柔軟な思考能力が必要になります。
そんな柔軟な判断が必要になったときに様々な交渉ごとは「目の上のたんこぶ」状態です。
それが無い事で僕らは山を登る事、歩く事を100%楽しめ安全に帰って来ることが出来ました。

今回のネパール遠征を現地ガイドと歩いた事で本当に沢山のことを学びました。
その中でもお客さんが山歩きを楽しめるための心遣いは僕らも学ぶべきものでした。
お客さんに対する優しい気持ちは国境を超えることが出来るんです。
この遠征で学んだことはこの先穂高ガイズを利用されるお客さんに還元して行きたいです。
そして満足出来る山歩きを提供していきたいと思います。

〈おまけ〉今回のネパール遠征でお世話になったマンさん。
RIMG0528_convert_20110118213531.jpg
今年も涸沢に遊びに来て下さい。

brandpage_mammut.gif

Hotaka guides 公募PLAN

スポンサーサイト
  1. 2011/01/18(火) 21:43:39|
  2. モッサリアン
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/1116-f61c58fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。