涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気まぐれな天気

昨日はとてもさわやかな秋晴れが広がり、気持ちのいい1日になりました。

この季節の1番の楽しみはもちろん、紅葉です。
毎日姿を変えていく山の景色を眺めては、仕事の合間にひと息つく小屋番の姿を見かけることが出来ます。

しかし赤くなるのは、紅葉だけでありません。
モルゲンロート(朝焼け)を楽しみにしていらっしゃる方も多く見られます。
稜線の小屋で泊まられた翌朝は、ご来光を楽しみに東の空をみんなが見ています。
しかし、涸沢ではみんな西の山を向いて日の出を待つのです。

昨日は、雲ひとつ無い朝を向かえ、明けてくる空に期待を寄せつつ、穂高の山を見ていました。
すっと帯状に日が射してきました。
DSCN5983.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ほんのりピンク色に山が染まりました。
タイミングがよければ、もっと真っ赤に染まります。
この季節ならでの涸沢の楽しみ方です。

夕方には、雲が色づいたり、また変わった涸沢の景色が目の前にあります。

DSCN6008.jpg
北尾根の取り付き辺りの黄色がとても鮮やかになりました。
そして、雪に埋もれ芽吹きが遅かった小屋の下のダケカンバの黄葉が始まりました。


昨日の秋晴れから一転、今日は雨風共に強い肌寒い1日になりました。
窓に雨が打ちつけるたびに、外を見ては色づき始めた木が心配になります。

そんな雨の中、外作業に行っていた男衆からの紅葉の便りです。
小屋から続く奥穂高岳への登山道でキレイに色づいたナナカマドに出会いました。

CIMG8158.jpg
水滴をいっぱいにつけたナナカマド。
赤い葉はきらきらしていて、しっとりと濡れた登山道とのコントラストが強調されていました。
今日のお昼に撮影したものです。


明日のお昼頃からは天気が回復するとの予報が出ています。
週末はお天気に恵まれるといいですね。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/02(金) 18:10:49|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/584-5bcf5f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。