涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特別ミッションその2

タニヤンです。

上高地の特別ミッションは無事終了しました。

実は今回の仕事は砂防工事の一環です。

ブル(牛)メタルと呼ばれる砂防材『牛枠』を崩壊が激しい焼岳に設置してきました。

03f890df41ac2fc0aa713d14dde80d0c[1]
これが牛枠。

牛枠とは、昔、河川工事等で水の流れの強さや方向を調整するために作られたものだそうです。

なぜこんなものをヘリで設置するかというと・・・
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

もし山の中に土砂崩れが発生し、下の集落や、文化財を守らなければならないときに、
砂防堰堤や、このような牛枠を設置し土砂の流れを緩やかにするのが、砂防工事といわれるものです。

しかし北アルプスのような急峻な山域では、すぐに設置というわけに行かず
重機(ドーザーやショベルカー等)大きな機械で
樹を倒し、道を切り開き、山の形を変えてまで何とか崩れている現場まで行って
こういう工事が行われているのが現状です。

それをヘリコプターの力でやれば、重機を何ヶ月も使い、道を作る必要もなく
樹も倒されずにすむなら、それにこしたことはないわけです。
もっと自然にローインパクトに出来ないか?というコンセプトで
作られたのが、このブルメタル『鉄製牛枠』なのだそうですよ。

日本ではまだ実験段階で、今回実際の山岳地域ではじめてやってみようとなり、
そのモデルケースとして北アルプスが選ばれ、
小屋番オールスターズ(TEAMブル)が結成されたわけです。

なんせ、民間人であり、山が出来て、尚且つヘリコプターに何百、何千時間と関わっているのは
東邦航空松本営業所の営業マンか、小屋番しかいないですから!!
(ちなみに僕は、まだまだ未熟で、ヘリの誘導や山の技術も乏しいのが現状です・・・涙)


IMG_1000.jpg
まずブルメタルにワイヤーを通していきます。めちゃ2重いんですよ!!
IMG_1003.jpg
しっかりと段取り&打ち合わせをしました。
IMG_1042.jpg
AS332Lスーパーピューマが崩落が激しい沢の現場に入ってきます。
後ろには六百山。
そしてすごい雪煙!!
IMG_1049.jpg
段取りどおり設置していきます。
とにかく寒い!!そしてきわどい作業です。

IMG_1056.jpg
吊った状態で、ボルトを締め上げて行きます。空中からミリ単位の仕事をしているわけです。
まさにパイロットの神業&ヘリを誘導するシグナルマンの信頼の絆がなせる離れ業!!

やっぱり東邦航空はすごいです。まさに小屋番の夢ですね・・・

仕事はバッチリ終わりましたよ。



究極は、崩れいく山は、そのままに崩れていくのが自然の摂理なのかも知れません。
何もしないのが一番!!まさにそのとおりなのです。
しかし皆さんが何気なく歩いている登山道、泊まっている山小屋、そこに息づく文化を
守るために、ローインパクトで登山道整備や治山作業を進めていけたらイイナと改めて感じたのでした。

そして小屋番ってホントにいろんな事やりますね。
まさに『山を翔る守人』です。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/22(火) 18:20:01|
  2. 小屋番
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/672-64385d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。