涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじまります!!

HPーHG

穂高ガイズ7月1日から始めます。

是非、穂高岳に住む私たちと一緒に登ってみませんか。
きっと今まで見えなかった穂高岳と、安全登山を提供します。

この穂高ガイズ、コンセプトがあります。
それは穂高ガイズで働く人間が、穂高岳の歴史、伝統、成り立ちを理解したうえで、
ガイドという、ヨーロッパや北米及び日本の大都市圏を中心とした高度な山岳技術を学び、
そしてそれを信州及びこの穂高岳に関係するすべての方々や活動に寄与するのが目的です。


この穂高ガイズ、他のガイド事務所と何が違うかと言うと、
穂高岳の過去、現在、未来すべてをガイドできると言う事です。

つまり穂高に住む私たちはそこに暮らしているがゆえ、1日1日の穂高の変化を感じ取っています。
だからこそリアルタイムな安全登山を実施することが出来ます。

登山道の整備や山岳遭難救助活動に従事すること、昔から先輩諸氏のお話や文献、
そして一番は自分達で登る事によってこの穂高の歴史、文化を学び、伝える事が出来ます

さらに私たちに依頼していただくことで、その資金と出来た時間で自分達の挑戦的登山ができ、
海外などの高度なガイド技術及びレスキュー技術を学ぶことができます。
これを未来の穂高のために、穂高岳にかかわる地域に還元する事が出来るのです。

つまり状況を知っているからこそ今現在の穂高のなかで一番ベストで安全なガイドができ、
穂高の歴史や文化、そこに住む人たちの物語を伝え、そして未来の穂高を一緒に作っていく事が出来る。

私はガイド、ゲストを超えた山に関わる組織と位置づけています。


大都市圏のベテランガイドさんたちに、僕ら駆け出しが、かなう訳ありません。
しかし穂高岳というローカルな部分では私たちがガイドする意味や魅力があると信じています。

それが穂高のスペシャリストを育て、きっと穂高にかかわる全ての人々に還元できると確信しています。

是非この生まれたての未熟な穂高ガイズですが、宜しくお願いし致します。






PLANは多数取り備えていますが、それだけじゃないプライベートガイドもありますので
お気軽にお問い合わせ下さい。(完全予約制)

お問い合わせはkarasawagoya@hotmail.co.jp
担当 内田まで。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 16:20:27|
  2. HOTAKA GUIDES  穂高ガイズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/860-8a1b8080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。