涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月17日現在の登山道状況

もっさんです。

最近、関東甲信越の入梅が報じられました。
梅雨の雨は雪をどんどんと溶かし一雨ごとに登山道の状況が変わってしまいます。

梅雨晴れの今日ヒュッテさんと合同で道直しを行いました。
やっぱり青空って気持ち良いですね。
IMGP0156_convert_20100617113003.jpg
雨上がりの澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込みます。


本谷橋から上はほぼ夏道を歩けます。
CIMG7664_convert_20100617112836.jpg
所々に残っている雪に気を付けてください。

通称「ソーダラップ」
屏風岩を回り込み吊尾根が最初に見える場所です。
IMGP0157_convert_20100617113051.jpg
ここから雪の上を歩いて下さい。
ステップを切りマーキングがしてあります。

この先も所々夏道が出始めていますが氷が残った部分もあるので注意して通行してください。
IMGP0166_convert_20100617113153.jpg
Sガレ付近からです。
潅木が出始めているので登山道が不明瞭ですがマーキングや赤布など目印がついています。
視界の悪い場合は注意して通行してください。

Sガレ付近のダケカンバが葉っぱを付け始めました。
新緑の季節がここ涸沢にも近づいて来ています。
IMGP0167_convert_20100617113328.jpg
辛い登りが続きますが、時には空を眺めてください。
新しく芽吹いた若葉がまた歩く活力を与えてくれます。

途中、穂高岳山荘の今田恵さんとカンバとすれ違いました。
IMGP0165_convert_20100617113242.jpg
休暇に入るのですかね。
お疲れ様です。

登山道でご不明なことがありましたらご一報下さい。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/17(木) 11:38:39|
  2. モッサリアン
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/861-0642293e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。