涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本谷橋解体。

今日は本谷橋の解体です。このつり橋、ほとんどの方が
そのまま越冬して雪解けとともに出てくる常設の橋と思ってるみたいですが
毎年外す、仮設の橋なのです・・・

涸沢周辺は日本で最も雪崩の被害が多い場所です。
15~20Mの積雪の重さに耐えたとしても雪崩で破壊されてしまうのです。

IMG_3764.jpg
そんなわけで頑張って解体するぞ!!
作業はもちろんヒュッテさんと合同です。
IMG_3769.jpg
まず手すりを外します。
IMG_3776.jpg
そのあとに橋板や骨組みを外していきます。
IMG_3777.jpg
簡単にいいますがかなりアクロバティック!!
足場はワイヤーのみなので、ハーネスをつけて確保しながら外します。
IMG_3784.jpg
外した材は雪崩に流されないよう大木の根元に整理して
積み上げていきます。もちろんロープで大木と固定します。
IMG_3785.jpg
みんな一生懸命ですが、ナオキはこんな事ばかりしてます。
IMG_3790.jpg
ワイヤーのみになりました。
IMG_3799.jpg
そのあと慎重にワイヤーを外していきます。まるで橋かけ職人!!
IMG_3806.jpg
あっという間に外し終えました。ウソです1日仕事です。
IMG_3808.jpg
これからは上流の仮橋を利用してください。

これから冬に入る穂高・・・・
自然の脅威からいろいろなものを守るため、解体したり、建物を補強したり
雪囲いしたり、これすべて小屋番の仕事なのです。
自然とともに生きる・・・穂高とともに生きる・・・
考えてみればすばらしい仕事ですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/23(火) 17:56:53|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/97-e27e4659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。