涸沢小屋 小屋番の一休み

標高2350Mで生きている小屋番の目線から 書く、独断と偏見のブログです。 山が好きな方、自然が好きな方、将来が不安な方、 必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月3日の涸沢の紅葉

紅葉 一気にきています。

ありのままの画像を載せますので、参考にしてください。

IMGP06tttt52.jpg
涸沢小屋から奥穂への登山道脇です。今日の午後の画像です。
今日は涸沢岳までガイドに行って来たおりに撮影しました。
涸沢小屋の人間は小屋が忙しくてもガイド業を営んでいるので、
山を歩いてリアルタイムの状況を伝える事が出来ます。

まだ雨は降っていません。そして光が入っていなくても、僕のヘボデジカメでもこれだけの色が出ています。

そしてここからの話は僕の主観ですので、当たらぬも八卦で読んでください。
小屋から上はもう十分見頃です。
明日の雨で涸沢カール内も、明後日5日からもう見頃になっていくことでしょう。
残雪が多かった今年の涸沢は、紅葉はすべて一気に染まる訳ではないので、
雪解けが早かった場所、標高の高いところはもう見頃です。
特に涸沢小屋上の大岩という撮影ポイントは今週の平日前半には見頃になるでしょう。

あとこの雨の寒冷前線抜け際で緩い西高東低でもなれば、雪の三段紅葉が見れるかも、しれません。

当たり前ですが、染まってしまえば後は散るだけです。
一日も早く来た方がいいのは間違いありません。

是非連休ではなく、平日がいいと思いますので時間に自由が利く方はいらしてください。

最後になりましたが、連休後12日~17日の週もSガレ~涸沢間は今年は十分奇麗だと思います。
これも今年は残雪が多く、沢の部分は雪解けが遅かったためだと思います。
見頃がなが~く続きそうですので、是非混雑する連休をずらして頂ければ幸いです。

では錦秋の涸沢でお待ちしています。

RIMG5680.jpg
小屋の上の台地はダケカンバの黄葉がとても奇麗です。
左側はハイマツなのでこれ以上染まりません。
光さえ入れば、黄金色の錦秋の涸沢を堪能できます。

RIMG568ttt4.jpg
今年は黒ずんでいないナナカマドがたくさん!!とても奇麗です。

みなさん是非お越しを!!
スポンサーサイト
  1. 2010/10/03(日) 16:09:38|
  2. 涸沢小屋
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karasawagoya.blog86.fc2.com/tb.php/996-3d0d3c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

小屋番

Author:小屋番
涸沢小屋
小屋番

おすすめサイト

gaku190_65.jpg

FC2 Blog Ranking

brandpage_mammut.gif

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。